定年後の介護 特老で流動食の用意がない、って言われた

末期がんであり、認知症で要介護4の母

一時は、このまま逝くのかと思われたので

頑張って、病院の個室にお願いしました

医療費のほかに、個室代が2万円

さらに消費税が10%

一日22000円

最後だから、って頑張りましたが

ありがたいことに、元気?になって生還・・

入院中は、認知症対応のできる看護師さんが

基本、母の言うことには逆らわないし

しょっちゅう病室を見に来てくれるし(ナースセンターの真ん前)

トイレの声かけもしてくれるし

流動食も、自宅でのワンパターンより、おいしかったようで食が進みました

そんなこんなで、退院することとなり

退院の車の中では

家族に感謝してくれて、認知症前の、自慢の母に戻り

みんなで、良かったね~って

ですが

自宅に戻って二日で前にもどり

看病する方には地獄の日々が

ってことで、ショートステイに助けを求め

その後は、老健の順番待ちに希望を

だって、ショートステイ、高いんだもん

ですが、新しくできたから、ってことで順番の回ってきた老健では

なんと、重湯はできても流動食の用意がない、って

そんなとこがあるのか・・?

値段的には、一日もろもろで8000円

年金の範囲内におさまります

でもって、退院後、駆け込みでお願いしたショートステイは

一泊15000円

ただし、ここは高いだけあって、すごい豪華だった・・

ほんと、老後ってお金次第だな・・

年金と蓄えをかんがみつつ

これからも、模索します

訪問して下さって、ありがとうございます!(^0^)

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村

断捨離で愛用してます。





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。